UTF-8に一括変換

参考:http://www.yukun.info/blog/2008/01/euc-to-utf8.html
$find ./ -name '*.cc' | xargs nkf --overwrite -w
※参考元にはpath指定なかったけれども「./」を指定。またおまかんでは「find: illegal option — n」と怒られた

参考:http://www.phppro.jp/phptips/archives/vol30/

-j JISコードの文字コードを出力する
-e EUCコードの文字コードを出力する
-s Shift-JISの文字コードを出力する
-w UTF-8の文字コードを出力する
-Lu LFの改行コードを出力する
-Lw CRLFの改行コードを出力する
-Lm CRの改行コードを出力する

reCaptchaがターミネートされるっていうからv2に

Plesk上で稼働している古いMT5環境で使用中のreCaptchaプラグインそのままではv2に対応していないので、
ここを参考に導入しようとしてひと苦労した話。
http://blog.fairy-land.jp/2017/01/000070.html

1.以下のファイルをダウンロードし、pluginsディレクトリの中のMTreCaptchaを、中身ごとMovableTypeのpluginsディレクトリにコピーする。 MTreCaptcha.zip

2.MovableTypeでプラグインを設定する。

「ツール」→「プラグイン」の「MTreCaptcha」の設定で、「Site key」と「Secret key」を設定する。
「設定」→「コミュニケーション」の「コメント表示設定」で「CAPTCHAプロバイダ」を「MTreCaptcha」に設定する。
3.HTMLヘッダのテンプレートに以下を追記する。


対象のテンプレートは、当環境ではテンプレートモジュールの「HTMLヘッダー」だった。
4.コメントのテンプレートに以下を追記する。


    
<$MTCaptchaFields$>

MTreCaptcha.zipを解凍したフォルダMTreCaptcha/plugins/に展開された中身をサーバーの/path/to/mt/plugins/MTreCaptchaに展開してkeyを設定し、再構築後reCaptchaが表示されたことを確認。
しかし、reCaptchaを突破しフォームをsubmitすると以下のエラーが発生。

エラーが発生しました。

malformed JSON string, neither array, object, number, string or atom,

/path/to/mt/plugins/MTreCaptcha/lib/MTreCaptcha.pmのdebuglogが働いていなかったのでここを参考に以下のdoLogと差し替えし、MTのシステムログで何が起こっているか確認。

http://labs.m-logic.jp/2008/10/mt_plugin_debug.html

sub doLog {
    my ($msg) = @_;
    return unless defined($msg);

    use MT::Log;
    my $log = MT::Log->new;
    $log->message($msg) ;
    $log->save or die $log->errstr;
}

以下のログを確認。

'LWP will support https URLs if either Crypt::SSLeay or IO::Socket::SSL is installed. More information at . '

ここによると
https接続にLWP::Protocol::httpsが必要とのこと。

ここを参考にyum install perl-Crypt-SSLeay
https://www.pletk.com/movabletype2.html

# yum install perl-Crypt-SSLeay
# yum install perl-CPAN

ようやく動いた

MacのSafariでbiz-station:証明書の更新

VirtualBoxなどのWin10環境IEにて証明書を更新

githubからjailbreak(iSEC Partners)をDL&解答
https://github.com/iSECPartners/jailbreak

cmdでコマンドプロンプトさがして

C:\Users\XXX>cd Desktop\jailbreak-master\binaries
C:\Users\XXX\Desktop\jailbreak-master\binaries>jailbreak64 jbstore2_64.exe -1 -n "SUPERSECRET KEY"


出力されたout.pfxをMacに移動

キーチェーンアクセスで以下の場所にD&D
キーチェーン:ログイン
分類:自分の証明書

パスワード求められたら「password」*out.pfxをエクスポートするときに-pでパスワード指定できるかも

古いBizSTATIONの証明書を削除

Safari再起動してログイン

参考
http://init.shao.jp/post/66554878243/エクスポート不可能に設定された電子認証をエクスポートする方法
http://d.hatena.ne.jp/ozakira/20150812

Vagrantfileの共有フォルダ指定箇所

こうすると

config.vm.synced_folder "./html", "/var/www/html", mount_options: ['dmode=777', 'fmode=777']

こうなる

[vagrant@localhost ~]$ cd /var/www/html
[vagrant@localhost html]$ ls -la
drwxrwxrwx 1 vagrant vagrant  102 Aug 15 07:19 .
drwxr-xr-x 6 root    root    4096 Aug 15 06:36 ..
-rwxrwxrwx 1 vagrant vagrant   10 Aug 15 07:19 index.html