MacのAtomがアップデートできない

パーミッションの問題らしい

$ sudo chown -R $(whoami) /Applications/Atom.app/

参考:https://qiita.com/suigin/items/ac8d36b4e060527e2d94
参考の参考:https://discuss.atom.io/t/restart-and-update-does-not-work-macos/15067/26

SiteGuard WP Pluginでログアウト(ログイン)できない

(前提)wordpressをサブディレクトリにインストールしている環境

ログアウトできない時のサブディレクトリにある.htaccess

#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START
#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_START

RewriteEngine on
RewriteBase /hogehoge-web/
RewriteRule ^wp-signup\.php 404-siteguard [L]
RewriteRule ^wp-activate\.php 404-siteguard [L]
RewriteRule ^login_99999(.*)$ wp-login.php$1 [L]

#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_END
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress

直した後の.htaccses

#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START
#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_START

RewriteEngine on
RewriteBase /hogehoge-web/
RewriteRule ^wp-signup\.php 404-siteguard [L]
RewriteRule ^wp-activate\.php 404-siteguard [L]
RewriteRule ^login_99999(.*)$ wp-login.php$1 [L]

#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_END
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /hogehoge-web/
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /hogehoge-web/index.php [L]

# END WordPress

メール容量レポートの値が間違っている(Plesk11の場合)

Pleskにログインし、上部のプルダウンで対象のウェブスペースを選択

「メール」タブをクリックし、アドレス一覧を表示します
対象のメールアカウント名をクリック(メールボックスが存在するもののみレポートが表示されます)
メールボックス 欄はいかのいずれかが設定されています。
現状の設定をメモし、なんらかの設定変更を行い、その後、「OK」をクリックします

  • メールボックスを、サービスプロバイダ指定のサイズに設定する(無制限)
  • 新しいサイズの指定(具体的なサイズ)
  • 再度、メールアカウント名をクリックし、メールボックス欄の値を変更し、元の設定にします。
  • メールボックスを、サービスプロバイダ指定のサイズに設定する(無制限)
  • 新しいサイズの指定(具体的なサイズ)

元の設定に戻したら「OK」をクリックします。
レポートを表示させ、使用量統計を更新ボタンを押し表示を確認します

参考

メール容量レポートの値が間違っているようです

UTF-8に一括変換

参考:http://www.yukun.info/blog/2008/01/euc-to-utf8.html
$find ./ -name '*.cc' | xargs nkf --overwrite -w
※参考元にはpath指定なかったけれども「./」を指定。またおまかんでは「find: illegal option — n」と怒られた

参考:http://www.phppro.jp/phptips/archives/vol30/

-j JISコードの文字コードを出力する
-e EUCコードの文字コードを出力する
-s Shift-JISの文字コードを出力する
-w UTF-8の文字コードを出力する
-Lu LFの改行コードを出力する
-Lw CRLFの改行コードを出力する
-Lm CRの改行コードを出力する

reCaptchaがターミネートされるっていうからv2に

Plesk上で稼働している古いMT5環境で使用中のreCaptchaプラグインそのままではv2に対応していないので、
ここを参考に導入しようとしてひと苦労した話。
http://blog.fairy-land.jp/2017/01/000070.html

1.以下のファイルをダウンロードし、pluginsディレクトリの中のMTreCaptchaを、中身ごとMovableTypeのpluginsディレクトリにコピーする。 MTreCaptcha.zip

2.MovableTypeでプラグインを設定する。

「ツール」→「プラグイン」の「MTreCaptcha」の設定で、「Site key」と「Secret key」を設定する。
「設定」→「コミュニケーション」の「コメント表示設定」で「CAPTCHAプロバイダ」を「MTreCaptcha」に設定する。
3.HTMLヘッダのテンプレートに以下を追記する。


対象のテンプレートは、当環境ではテンプレートモジュールの「HTMLヘッダー」だった。
4.コメントのテンプレートに以下を追記する。


    
<$MTCaptchaFields$>

MTreCaptcha.zipを解凍したフォルダMTreCaptcha/plugins/に展開された中身をサーバーの/path/to/mt/plugins/MTreCaptchaに展開してkeyを設定し、再構築後reCaptchaが表示されたことを確認。
しかし、reCaptchaを突破しフォームをsubmitすると以下のエラーが発生。

エラーが発生しました。

malformed JSON string, neither array, object, number, string or atom,

/path/to/mt/plugins/MTreCaptcha/lib/MTreCaptcha.pmのdebuglogが働いていなかったのでここを参考に以下のdoLogと差し替えし、MTのシステムログで何が起こっているか確認。

http://labs.m-logic.jp/2008/10/mt_plugin_debug.html

sub doLog {
    my ($msg) = @_;
    return unless defined($msg);

    use MT::Log;
    my $log = MT::Log->new;
    $log->message($msg) ;
    $log->save or die $log->errstr;
}

以下のログを確認。

'LWP will support https URLs if either Crypt::SSLeay or IO::Socket::SSL is installed. More information at . '

ここによると
https接続にLWP::Protocol::httpsが必要とのこと。

ここを参考にyum install perl-Crypt-SSLeay
https://www.pletk.com/movabletype2.html

# yum install perl-Crypt-SSLeay
# yum install perl-CPAN

ようやく動いた