サポート終了したCentOSでhtop使いたい使いたい

vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
// mirror コメントアウト baseurl コメントアウトはずす
// baseurl => http://vault.centos.org/○.○/
// 参照 https://www.softel.co.jp/blogs/tech/archives/5634

sudo rpm -ivh http://archives.fedoraproject.org/pub/archive/epel/○/x86_64/epel-release-○-○.noarch.rpm

vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
// [epel]のenabled=0 に
// 参照 http://t0m00m0t.hatenablog.com/entry/2018/03/03/223832

yum –enablerepo=epel search htop
yum –enablerepo=epel install htop

MacのAtomがアップデートできない

パーミッションの問題らしい

$ sudo chown -R $(whoami) /Applications/Atom.app/

参考:https://qiita.com/suigin/items/ac8d36b4e060527e2d94
参考の参考:https://discuss.atom.io/t/restart-and-update-does-not-work-macos/15067/26

SiteGuard WP Pluginでログアウト(ログイン)できない

(前提)wordpressをサブディレクトリにインストールしている環境

ログアウトできない時のサブディレクトリにある.htaccess

#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START
#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_START

RewriteEngine on
RewriteBase /hogehoge-web/
RewriteRule ^wp-signup\.php 404-siteguard [L]
RewriteRule ^wp-activate\.php 404-siteguard [L]
RewriteRule ^login_99999(.*)$ wp-login.php$1 [L]

#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_END
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress

直した後の.htaccses

#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START
#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_START

RewriteEngine on
RewriteBase /hogehoge-web/
RewriteRule ^wp-signup\.php 404-siteguard [L]
RewriteRule ^wp-activate\.php 404-siteguard [L]
RewriteRule ^login_99999(.*)$ wp-login.php$1 [L]

#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_END
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /hogehoge-web/
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /hogehoge-web/index.php [L]

# END WordPress

メール容量レポートの値が間違っている(Plesk11の場合)

Pleskにログインし、上部のプルダウンで対象のウェブスペースを選択

「メール」タブをクリックし、アドレス一覧を表示します
対象のメールアカウント名をクリック(メールボックスが存在するもののみレポートが表示されます)
メールボックス 欄はいかのいずれかが設定されています。
現状の設定をメモし、なんらかの設定変更を行い、その後、「OK」をクリックします

  • メールボックスを、サービスプロバイダ指定のサイズに設定する(無制限)
  • 新しいサイズの指定(具体的なサイズ)
  • 再度、メールアカウント名をクリックし、メールボックス欄の値を変更し、元の設定にします。
  • メールボックスを、サービスプロバイダ指定のサイズに設定する(無制限)
  • 新しいサイズの指定(具体的なサイズ)

元の設定に戻したら「OK」をクリックします。
レポートを表示させ、使用量統計を更新ボタンを押し表示を確認します

参考

メール容量レポートの値が間違っているようです

UTF-8に一括変換

参考:http://www.yukun.info/blog/2008/01/euc-to-utf8.html
$find ./ -name '*.cc' | xargs nkf --overwrite -w
※参考元にはpath指定なかったけれども「./」を指定。またおまかんでは「find: illegal option — n」と怒られた

参考:http://www.phppro.jp/phptips/archives/vol30/

-j JISコードの文字コードを出力する
-e EUCコードの文字コードを出力する
-s Shift-JISの文字コードを出力する
-w UTF-8の文字コードを出力する
-Lu LFの改行コードを出力する
-Lw CRLFの改行コードを出力する
-Lm CRの改行コードを出力する